« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の記事

2008年5月30日 (金)

野球観戦の思い出と希望。

Sドームにはツラい思い出が多い。

野球チームの本拠地である都市で
相手チームを応援するのはけっこうしんどい行為で
 
いつだってたっぷりどっぷりアウェー。
 
まだそれほどファンでは無かった頃に
初めて行った時から不穏だった。

前方の席を取ってみたら
出入り口が遠くてトイレ行くのも大変、
怪我人が多くてよく知らん選手ばかりだし
ヒット2本しか出ないし
ついでに見てる最中に
ダンナ(仮)の風邪がどんどん悪化し
帰ってからすっかり寝込んでしまい
 
もーSドームなんか行くもんかー!!
と思ったものです。
 
次の年にはすっかりファンになり
自ら勇んで観戦に行ってるのですが

やっぱりあんまりいい目に合わない。

延長12回で負けたこともあれば
3連戦のうち1試合だけ行って
その日だけ負けたこともある。

最もひどい思い出は
10回表で3点取って大喜びしたその裏に

3者連続ヒットを打たれた挙句、

満塁ホームランでまさかのサヨナラ負け。

その後遺症が未だに癒えず…

ピンチでウッズはいやあああ!!
 
いやもしかすると我々が行くと負けるのか?
疫病神的存在かー!
そんな切ないSドームに懲りずに今年も行ってきます。
だって年1回しか来ないんだものー!

疫病神である疑いをどうにか晴らしたいと願います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

今年は森で!

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008への熱い思いを
おかしなテンションでひたすら叫ぶだけのコーナー!
 
HEAVENもHAPPINESSも取れなくて泣きそうになりましたが
FORESTの先行予約を完了しましてよーっ!

行くんだから行っちゃうんだから今年もEZOに!!

今のところ見たいアーティストが
2日目にかたまりがちなのが
ちょいと気になるところではあるけども
(時間帯被りませんよーにっ!)

あの極上の空間、
酒があって音楽があって
音楽好きな人々がいる、
このうえなく素敵なあの場所にまた行けるのかと思うと
 
あああ上ーがーるーっっ!!!
 
当日何事もないことだけをひたすら祈り続けます。
あと大雨とかにもならないように祈ります。

あとはえーっとえーっと、
…とにかく無事に行けるよう心底願うばかりの日々です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

野球漬けの副作用。

Yahoo動画でパ・リーグ主催の交流戦が
ぜええんぶ見られるモンだから
毎日のように野球漬け。

スカパーに入れない残念な住環境のため
普段はあまり野球中継を楽しめないのですが

いつもは使ってないデスクトップPCを居間まで運び
ケーブル色々つなぎ直して
臨場感あふれる音で楽しんでおります。
私にはどこをどうつないでいるのかさっぱり不明でありがとうダンナ(仮)。

でもって伝えたいのは野球のことではなく
合間に入るCMのことなんだ。

5種類くらいしか無いCMが割としょっちゅう、
繰り返し繰り返し流される。
初めは珍しかったけどいい加減飽きてきて

もー君の名がセブンだってことは分かったからー!
「何言ってんだよ!」って熱いメッセージも
いい加減うっとーしーからー!

と叫んでみたくなるんですけども、

繰り返されるこの子たちの歌は頭にこびりつき
なんかちょっとだけ好きになってきた。

交流戦が終わる頃、CDが家にあったりしたら我ながら大笑いだ。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

職業選択の自由、その壱。

おかーさんはるん君にネットアイドルになって欲しいのよ。
それ、たべられる?


ねっとあいどるってにゃに?


いやもうすいませんいきなり妄想全開ですいません。

でも、でも
猫飼いならちょっとだけ、
一瞬だけ考えたことはございませんか?

人気のあるあんな猫ちゃんやらこんな猫ちゃんやら、
かわいーよ かわいーけども

うちの子のほうがかわいーやいっ!!…って。
 
ネットアイドルになるには
こまめに写真や動画をアップしてウケなければならない、
という人間側の問題はさておいて
「るんー、ネットアイドルになるー?」
とかよく話しかけておるのですが(大ばか)

本猫にはその意志はまったく無いらしい。

むしろ「ひょっとしてそれを職業としたいのかお前は?」
というほどに執着を見せることがらがいくつかございます。
 
その1つがですね、

もうこれには大反対なのですけどもね、
 
足首ハンター。恐いの。これ。

俺の後ろに立つな!

 

逃げても無駄にゃ。



家の中を歩いていたら
テーブルの下やソファの影から突如飛び出してくるデカい猫。

両前足で足首を掴み、おもむろに歯を立ててくる。

あんまり遊んであげてない時にやられますから
本猫はじゃれてるつもりなのでしょうけども、
  
痛いのー 痛いからー本気でー。
 

特に被害甚大なのはダンナ(仮)。

冷え性気味の私はほぼ靴下を装着していますが
ダンナ(仮)は裸足が多い。
どうも足首ハンターは裸足の足首が好物らしいのです。

右足首にアタックされ
うまいとこ蹴ってしまわないよう避けると

次は踏み出した左足首にタックル。
踏み出す度に右左右左と攻撃されるひどい有り様。
 
えっと、仲良しですのよ?
るん君と我らは相思相愛 の筈…
  

しつけか… しつけが悪いのか…。
 
お客様には決してそんなことはしないのですが
例え相手が我々のみとしても
足首ハンターになることだけは許したくない。

けど、本猫はこちらの思惑など知ったこっちゃないようです。
まったくもって猫ってやつぁ、
…かわいーぜ。
  

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

春のおでかけ。

梅で有名な某公園に行って参りましたのです。

平日だからガラガラであろう、
と思っていたら混みこみでびっくりさ。

どうやら同じことを考えた人がたくさんいたらしい。

アップでひとつ。

 
 
白梅はほとんど
散っていましたが
紅梅は美しゅうございました。
 
  
  
移動手段はもちろんママチャリ。
しかし我が家から公園までは
決して近くはございません。

せっせとこいで最初に見えた公園入り口に突入してみたら、
梅林まではチャリで行けないでやんの。

無闇と広いこの公園、入り口が数ヶ所あります。
辿り着いた入り口は梅林からは遠く、
どうにか公園の中を突っ切れないかなーと
走り回ったがムダであった。

余計にぐるりと回ってしまって日頃の運動不足解消。

お天気はよいし風は気持ちいいし、
梅はこのようにきれいだし。
これぞ春。

 
紅梅の下で頂くビールは
たいへん美味でありました。
 
 
 
  

桜は見に行かなかったので今年初のお花見。
帰ってからもしばらくは頭の中が梅色です。

心残りはただひとつ、

購入した焼そばを半分ほど食したところで
地面にひっくり返してしまったことです。
 
結局いつだって色気より食い気。
  

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年5月 7日 (水)

梅見。

梅見。

自由業(自称)の特権、GW後の花見と昼ビール。

でもすごく混んでるよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

さ~て来週のイクラちゃんは。

賭け事はほとんどたしなみません。
年に数回、応援馬券を数百円ほど買う程度。
競争心に乏しくて自分が勝つか負けるかに
あまり燃えないタチなのです。(野球観戦は別)

ついでに0か100かより
1でもいいから結果が欲しい、という地味気質。

従って賭け事全般あまり興味が無いのですが

最近1つ、ついやってしまう賭けがあるのです。

それは

さ~て、来週のイクラちゃんは?

「サザエさん」、

イクラちゃんは何回“ハーイ”と言う?
 
ばーかばーかしーーー。
このバカバカしさがツボに入ってしまったのですはい。
 
あるポイントサイトで行われているもの。
例えば月間MVP投手は誰か、
とかいう予想が色々行われていて
サイト上のコインを賭けて当たれば増える。
ほとんど使ってない状態なのだけど
この「何ハーイ?」だけはやってしまいます。

考え出すとつい真剣になってしまうのだよ。
 
例えば5/4のサザエさんは

「町内のご意犬番」

「マスオ風を切る」

「子どもの日は大人の日」の3本です。

このタイトルから、
まずはイクラちゃん出演があるか無いかを予想する。
 
マスオさんがフューチャーされたものには出ないんじゃね?
子どもの日の話は出てくるかも?
とか考えた上で

さて何回ハーイと言うのか?

子どもの日だとかなりハイテンションのはず、
よおし10~19ハーイだ!

賭けた上でさて放送を見てみると
あの国民的番組を
まったく違った視点から見ることができます。
 
うおっイクラ(敬称略)出てきた!
 
よぉーしハーイと言えっ
 
違うバブーじゃないっ!
 
あっそれ以上は言ってくれるなっ

どれだけハイテンションなんだまったく!

といった具合にですね、

あの家族で安心して見られる番組、
大きな事件やピンチは起こらず
終始まったりとしたあの番組が
非常にエキサイティングなものへと変貌するわけです。
 
日曜日午後6時半、
明日からの仕事を思って鬱になるという
“サザエさん症候群”にお悩みの方は
こんな見方をしてみると気分も変わるかもしれません。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »