« 『PIVOT-6 日の出(ピヴォロックヒノデ)』に行ってきた。 | トップページ | 愛猫のお誕生日。 »

2010年5月25日 (火)

向井秀徳アコエレ@札幌 BESSIE HALL!

実に1年以上ぶりにライブに行って参りましてよ!
 
向井秀徳 アコースティック&エレクトリック
@札幌 BESSIE HALL
通称アコエレ、

その実体は向井秀徳を囲む会。

 
朝から妙に落ち着かず、
毎度々々のことながら
くうっ何であの丸顔メガネに
ここまで心かき乱されねばならんのだ…!

と自分にイラ立ちつつ、
しかし振り回される自分をちょっぴり面白くも感じつつ、
ベッシーホールに足を踏み入れたのでございます。

舞台近くには椅子がけっこういっぱい置いてあり、
会場から20分ほど過ぎた時点で満席状態。
椅子のすぐ後ろに陣取ります。
アーティストが登場する客席横のドアから
一郎くんがゴミ箱片手に出入りするのもいとおかし。
 
そうこうしているうちに照明が落ち、

片手にビールの缶を持ち
観客の横をふつうにすり抜け、
マツリスタジオからマツリセッションをひねくり上がって
登場したぞ丸顔メガネ、
This is 向井秀徳…!
 
「野良猫にまたたびをやって、喜んでいる人の歌。」

“猫踊り”から始まりましたアコエレ。
 
しかしまあ!アコエレの向井くんってば!
基本的に好き勝手やってくれちゃってるわよねまったく!

最初に持ってきただけでは飽き足らず
しっかり手の届く場所に用意してあった缶ビールを
2本、3本と空けつつ、第一部が過ぎてゆく。
 
「そんなに行儀よくしなくてもいいんですよ…
葉加瀬太郎さんのコンサートじゃないんですから。」
とか何とかたまに呟きながら、
思い切りリラックスした様子で歌い続ける向井くん。

好き勝手だなあ、と思いつつ、
2曲目でいきなり来た“delayed brain”とか
ZAZENとはまったくちがってぐっと来る
“CRAZY DAYS CRAZY FEELING”とか、
アレンジがこれまた
好きで好きでたまらん感じで、
体の芯からぐらぐらと揺さぶられる感覚を
味わい続けておったのです。
新曲“SAKANA”(表記が分からんが)も
これまたいいじゃないのさ!
 
休憩を挟んで第二部が始まりましたが、
第一部以上に好き勝手。
 
めん三郎ってラーメン屋が、ありましてね。」
 
 
…その後の沈黙がやけに長く、
 
 
観客から

「…で?」
ってな感じの笑いが起こって
ようやく続きを話し出す。
 
「めん三郎の店主に、あんた向井さんかい?
って、声掛けられましてね。」

宣伝してくれてありがとう、と感謝され
サイン書いて帰ってきた、って話を
北海道弁を真似てしゃべっているようだけど、
ぜんぜん似てないんだからね!
 
そんでもって曲のほうはっていうと、
第一部に引き続き
NUMBER GIRLの曲をいっぱいやったと思ったら
なぜか今度は童謡シリーズ。“夕焼け小焼け”“七つの子”
…向井くんの声に合ってて、
なんか、しみじみ来るじゃないのさ。
 
新曲“SUZUME”、そして
「なんかねえ、マツリスタジオにずっとおるんですよ…」
というLeo今井とともに作った
“THE GIRL IN THE KIMONO DRESS”

…ええ曲なのに
どうしてチャルメラを口ずさむのか、
この人はまったくよう…
って思ってるところに“KIMOCHI”は卑怯だ!
 
そんなの、そんなの…

好きに決まってるじゃないっっ!
 
 
十二分にくらくら来たところで“性的少女”、

そして“自問自答”。

合間々々に向井くんが
ふざけてなければ泣くかもしれん。
 
最初から最後まできわきわの
ZAZENライブとは全然ちがう、
ほかのバンドのノリノリで楽しいライブとも全然ちがう、
向井秀徳の脳内映像に自らも参加しているようなライブ。

退場してまっすぐトイレに行ったにも関わらず
その間にアンコールが起きてしまい、

「…便所に行ってる間に
アンコールが起こるとは思いませんで…」
とちょっと恥ずかしげな向井くん。
 
「夏はライジングで…」

“ライジング”って言葉に歓声が上がる。
 
「ZAZENは少し長く尺をもらってますから…
ライジングで、お会いしましょう。」

そんなこと言われたらコーフンするぢゃないかあっ!!
 
…しかし、この後のアンコールが、
好き勝手の極みでありましたのよ。

ユーミン先輩の“守ってあげたい”は
前にも聴いたことあって、
サビ部分でがっつり下げる手法は
みゅーじしゃんとしてアリなのか?
いやまあ味があってそれまたいいか、なんて
思っていたのですけどね、

「福岡の後輩の歌。」つって
YUIの“CHE.R.RY”

…噂に聞いてたけど、
聴きたいと思ってたし嬉しかったけど、
なんですかこの予想以上のがなり具合!!
あのかわいらしい歌がまったくもって別物で、
むしろ無理しないで下げてサビ!
 
「しみじみ」だったり「がつんと」だったり
「くらくら」だったり「笑えて」だったり、
まったくもって好き勝手、
様々な感情を湧き上がらせてアコエレ終了。
 
なんか知らんが向井くんについては
「好き」とか「最高」とか
素直に言えないのであるけれども。

ライブ前に入った呑み屋のおねーさんが
向井くんのファンになりたてらしく
話が盛り上がったけども、
このアコエレを聴いても好きでいてくれるだろうか?
などと身内的な心配をしてしまう。

結局、ふざけ過ぎ!ってところをも含め
向井秀徳の声と作り出す音楽が
とんでもなく好きであるとまたも思い知らされてしまった
アコエレ@札幌でございました。
 
次は8月、マツリセッション@ライジング!

EZOわずらいしつつ、待ってるんだからね!

|

« 『PIVOT-6 日の出(ピヴォロックヒノデ)』に行ってきた。 | トップページ | 愛猫のお誕生日。 »

ZAZEN BOYS。」カテゴリの記事

ライブレポや音楽ネタ。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157234/48427619

この記事へのトラックバック一覧です: 向井秀徳アコエレ@札幌 BESSIE HALL!:

« 『PIVOT-6 日の出(ピヴォロックヒノデ)』に行ってきた。 | トップページ | 愛猫のお誕生日。 »