« ライジングサン2010、向井アコエレ、矢沢永吉。 | トップページ | ライジングサン2010ラスト、斉藤和義→SCOOBIE DO! »

2010年9月26日 (日)

ライジングサン2010、ZAZEN BOYS、山下達郎。

RSR2010レポ第3弾っす。
 
8/14(土)、2日目、13時過ぎくらい。

うろついたけど、とにかく暑い。

YAZAWAの「水と塩」を思い出し
ポカリ摂取で熱中症防止。

アルカホールもしっかり摂取しておりますがね。

Run100926a

  

 これだけ広い中 歩き回れば
 熱中症にもなるぜそりゃ。

 
RED STAR FIELD近くのレストランエリアで
普通なら「かんぱーい!」というところを
「永ちゃーん!」と発声した方々にさすがだぜ、と唸る。

「むかいー!」とか言わないもんな絶対な。
 
ZAZEN BOYS
@RED STAR FIELD 14:40~

 
赤い幕に囲まれたレッドスターフィールド。
少々妖しげなその雰囲気が
ZAZEN BOYSによく似合う。

2日続けての向井秀徳、
昨日の青シャツと変わりまして白いシャツ。
敦さん、カシオメン、一郎くん、
登場しただけで鷲掴まれてしまっているとは
残念な自分であることよ。
 
そうして始まったのはフリーセッション!

4人がそれぞれ対決しているような、
でも調和しているような、
ピンと張った空気に包まれたセッションで
ぐっ…と世界に引っ張り込まれ、
 
それからは怒涛の1時間。
 
ZAZEN BOYS セットリスト
 
#0   OPENING SESSION~MATSURI FREESTYLE
#1  SHI・GE・KI
#2  Honnoji
#3  HIMITSU GIRL'S TOP SECRET
#4  DARUMA
#5  MABOROSHI IN MY BLOOD
#6  IKASAMA LOVE
#7  COLD BEAT
#8  Friday Night
#9  Asobi
#10 CRAZY DAYS CRAZY FEELING
 
お馴染みの曲なんだけど、
進化の度合い、キレキレ具合が
その分エラいことになっておる。

何度でも何度でも言ってしまうが
あまりにもあまりにも好き過ぎる。
 
『HIMITSU GIRL'S TOP SECRET』で
他の3人に向かい指揮を始める向井くん。

振り上げた手を本気でぶつけ
かなり痛そうにしておったよ。

素で驚く一郎くん、
中腰で向井くんを見つめたまま
「ぷぷっ」と噴き出すカシオメン、
ちょっぴりムッとする向井くん…

指揮を終える時は胸にそっと手を当てるのも笑っちゃうし!
 
『Asobi』でカシオが観客に背を向けたまま
砂の入ったビッグマンのボトルを
高々と掲げたのにも笑っちまったなあ。

そしていつものように、いや見るごとに迫力を増す
敦さんのきわきわのドラム。

『Honnoji』は何度聴いても息をするのも忘れるほどで、

まったくホントに
面白くってかっこいーんだから君たちってば!!
 
 
「マツリスタジオからマツリセッションを
“へねて”やって参りましたZAZEN BOYS。」
 
…へねて??

って客が醸し出した雰囲気にもう1度

「へねて。」とニヤつきながら呟いて帰ってゆく向井くん。
 
演奏中はきわきわの敦さんの
肩をすぼめるかわいらしい礼に心癒され終了。
 
大好きなライジングサンで
どっぷり浸かるMATSURI SESSION、
最高だ、としか言いようがないよ!
 
満足しきって移動してたら
がっつりZAZENの音が聞こえる位置に
先ほど「永ちゃーん!」と乾杯していた
おにいさま方がまだいらしゃって、

ああああの今のバンドどう思われました?
と質問したくなりました、
けれど色々な意味でドキドキしたのでやめました。
 
さて次はSUN STAGEへ帰ります。
 
山下達郎
@SUN STAGE 16:30~
 

発表聞いて、ウソでしょう、と。

TVにも出ない山下達郎さんが
RSRに登場なんてほんとにほんと??
…と半信半疑でおりまして、

だからSUN STAGEに赤いシャツの男性が登場しても
ほんとに本物のやまたつ??
って思ってしまったのでありますが、

一声出したらそれはまさしく本物の山下達郎さん。

Run100926b

 

 登場直前、
 ネクストアーティストの名が!

 
山下達郎 
セットリスト
 
#1  LOVELAND,ISLAND
#2  SPARKLE  
#3  DAYDREAM
#4  DONUT SONG 
#5  僕らの夏の夢
#6  WINDY LADY
#7  砂の女
#8  BOMBER
#9  アトムの子
#10 RIDE ON TIME
#11 LOVELAND,ISLAND
#12 さよなら夏の日
  
いやもう、素晴らしかったです。
CDで聴いていたのと同じ美しい歌声が
石狩の空に流れてく。

知らない曲でもうっとりするけど、

『DONUT SONG』、まー懐かしい。

本家『鉄腕アトム』のテーマも織り交ぜられた
『アトムの子』、
続けざまに盛り上がる『RIDE ON TIME』、
 
まったくもって本当に素敵。
 
山下達郎さんの夏フェス出演は29年ぶりだそう。
ウワサだけれど、どのフェスに出ようか考えていた達郎さんが
周りの人に意見を聞いたら
みんな揃って「ライジング」って言ったんだとか。
RSR大好きな身として、そんな話、嬉しすぎるのです。
 
ラスト前、メンバーを紹介する達郎さん。

「特別ゲスト、竹内まりや!」

コーラスにいたらしいけど全然気づいてなかったよ。
 
メンバーが帰り

「お盆が過ぎると、夏もすぐ終わりです。」と語った達郎さん、

最後の曲は
 
『さよなら夏の日』。
 
…この曲、聴いたら泣ける!
と思ってたけど、もうもう本気で沁みました。

「明日になればもうここには僕等はいない…

さよなら夏の日」
 
そんな曲をRSRの2日目、
そろそろ夕暮れって時間に聴かされたらもう…参ります。
 
今もこの曲を聴くと
あの日の空が思い出されて、
EZOわずらいが悪化するのです。
 
さて、RSRレポ2010、まだ終わりません!
第4弾で終わらせたい所存!

|

« ライジングサン2010、向井アコエレ、矢沢永吉。 | トップページ | ライジングサン2010ラスト、斉藤和義→SCOOBIE DO! »

ライジングサンレポ 思ひ出編。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157234/49472484

この記事へのトラックバック一覧です: ライジングサン2010、ZAZEN BOYS、山下達郎。:

« ライジングサン2010、向井アコエレ、矢沢永吉。 | トップページ | ライジングサン2010ラスト、斉藤和義→SCOOBIE DO! »