« ライジングサン2010、ZAZEN BOYS、山下達郎。 | トップページ | ラーメン食べてきました。 »

2010年10月18日 (月)

ライジングサン2010ラスト、斉藤和義→SCOOBIE DO!

とにかく自分のために書いておきたい
RSR2010レポ最終回!
 
山下達郎さんの後も続きましてSUN STAGE。
 
斉藤和義
@SUN STAGE 18:30~

 
前から聴いてる斉藤和義さん。
そしてドラムが柔道二段松下敦さん、
期待しないでおられましょうか!

敦さん登場で
うおーっ!っと嬉しくなってしまふ。
そして登場、
よれ気味のTシャツを着た斉藤和義さん。

さて1曲目は?

って『歩いて帰ろう』ですかそうですか!
最初から盛り上がるに決まってるじゃないか。

そして敦さんのドラムの音、
お腹にずしずし響いてたまらんのです。
 
斉藤和義さん、
一見やる気のない風情。
「いえーい」という声も淡々としてる。

けれど、その歌声は
EZOの大地にしっかりと響き渡る。
脱力しつつ力強い、独特な空気が心地いい。
 
斉藤和義 セットリスト
#1  歩いて帰ろう
#2  幸福な朝食、退屈な夕食
#3  ずっと好きだった
#4  ジレンマ
#5  ハミングバード
#6  Phoenix
#7  Summer Days
#8  I LOVE ME
#9  彼女は言った
#10 ベリーベリーストロング~アイネクライネ~
#11 歌うたいのバラッド
 
メンバー紹介はどのあたりだったか。
 
「ドラムはBuffalo DaughterやZAZEN BOYSの松下敦。」
かわいい礼をする敦さん、
一部ファンが「うおーっ!」と盛り上がりましたよ。
 
「キーボードは、エマーソン北村。」
彼の活躍っぷりはもはや
RSRの妖精さんと呼んでもいいのではなかろうか。
 
 
「清志郎さんに捧げます!」

と始まった『Phoenix』。

「またどこかで争いが始まりました
見えてるんでしょう?なんかすいません…」

想いが詰まったその歌詞にぐっと来た。
初めて聴いたのがRSR、
忘れられない出会いをした歌。
 
 
斉藤和義さん、
生で聴いてぐぐっと好き度が上がりました。
とんでもない下ネタもあったけどな!

『歌うたいのバラッド』の余韻が残る中、
SUN STAGEを出るべく歩いていたら
 

Run101016a

 

 今年はここで花火!
 
とってもいい位置で見られました。
RSRで見る花火の思い出が
年々増えてゆくのがじわりと嬉しい。
 
てくてく歩いている途中、
サイン会を行っているSCOOBIE DOに遭遇。
おおっスクービー!とややはしゃぐも、
サインはもらわずそのまま通り過ぎる。
「また後で!」と心で呼びかけつつ。
 
 
少々の休憩後、
 
 Run101016c

 不思議空間、TAIRA CREWへ。
 
TAIRA CREWは森の中に作られた
キャンドルがいっぱいの空間。
演出はキャンドルジュンさんなんだそうです。
ステージの音もあまり届かず、
小さな炎と静けさをそっと楽しめる。

1人座るのがせいいっぱいの
キャンドルが並べられたステージにギターを持った男性…
 
「こんばんは、曽我部恵一です。」

って自己紹介に真剣にびっくり。
シークレットライブって初めて遭遇したんじゃないかな。

観客からのリクエストに答えて『星を見たかい?』、
「今日は晴れたから」と『恋におちたら』、
弾き語りのアルバムから『そしてぼくはうたをうたう』…など。
 
キャンドルの灯りのもと、
とびきり近くで楽しむ曽我部さんの弾き語りは
それはそれは素敵なものでありました。

Run101016b

  

 ステージ横のキャンドル。
 
終了後、曽我部さんに握手してもらった女の子、
「うわっ、ヤバい、うわっ」とわたわたしてるのが
微笑ましくてかわいかったな。
 
TAIRA CREWを出て
レッドスターフィールドへ。
 
途中まででも見たかった、
EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX!

とってもとってもゴキゲンでした!
中納良恵さんの声ってとっても好み、
なんであんなにぐわっと迫ってくるんだろう。

真夜中過ぎ、赤く光る妖しげなステージ、
ますますかっこ良くなったと個人的に思ってるEGO-WRAPPIN'。
 
『PARANOIA』『サイコアナルシス』と好きな曲連続で、
非日常の光景にすっかり酔いしれてしもうたのです。

分身の術が使えるならば本当に最後までいたかった。
後ろ髪思い切り引かれつつその場を離れます。
 
だってだって
ダンスパーティのお誘いがあったものだから。

会場のBOHEMIAN GARDENへ。
まだ少し時間がある、と余裕でいたら
 
パーティの主催者が突然現われ演奏を始めちまった!
 
SCOOBIE DO
@BOHEMIAN GARDEN 01:30~

「リハーサルは無いぜ!」と始めたのはなぜか
山下達郎さんの『RIDE ON TIME』!

煽るコヤマシュウに見事に煽られ
早くもダンスフロアが出現!
…と思いきや、
『RIDE ON TIME』が終わると急に照れたように

「えーとー、リハです。
リハだっちゃ。」

ぷつぷつ呟いて帰ってしまいましたよ。
まったく人を煽っておいて!
 
同じように煽られてしまった人々と共に
ステージ前でじっと待つ。
しばらくしてまた現われたSCOOBIE DOを歓声で迎え、
そして始まる、ホントの本番。

森の空気や、
そろそろラストだ!って観客のうねり、

そして伝わってくるSCOOBIE DOと観客みんなの
「RSR大好き!」って想い。

すべて一体になった空気が
たまらなく楽しくて暖かくて。
 
コヤマシュウは相変わらず
客を煽るのが最高にうまい。
 
吊るされた色とりどりの電球を差し
「イカ釣り漁船みたいだぜ!」
と言った途端、消えていた電球がパッと点き
スタッフさんも楽しんでるな、と実感できて
ますますみんな盛り上がったこととか、
 
しゃがんでジャンプする、という
コール&レスポンスの時、
ステージのずーっと後ろ、
テントとテントの間にまでしゃがみ込む人がたくさんいて
「おおっ、あんなに!」
とSCOOBIE DOが嬉しそうに驚いていたこと。
 
元同じ事務所の山下達郎さんに挨拶に行こうとしたら
増子兄ぃがムリヤリついて来て、
「いやー、達郎さん最高!」
といきなり絡んで焦りまくった、

達郎さんが兄ぃに
「君は、職安にいる人みたいだな。」って言ってた、なんて話。
 
リーダー松木大二郎による
達郎さんのモノマネ(激レア)。
 
すべてがもう楽しくて楽しくて、
この後どうなろうが知ったことか!
ここで力尽き倒れるなら本望!!
と踊り狂った深夜1.5時。
 
SCOOBIE DO
セットリスト
#♪ RIDE ON TIME/山下達郎
#1  太陽と女の子
#2  真夜中のダンスホール
#3  バンドワゴン・ア・ゴーゴー
#4  GET UP
#5  やっぱ音楽は素晴らしい
#6  イキガイ
#7  トラウマティック・ガール
#8  TIGHTEN UP
#9  BACK ON
#10 MAGHTY SWING
アンコール
#1  夕焼けのメロデイー
#2  Little Sweet Lover
 
夏がテーマのニューアルバム『何度も恋をする』、
ライブで聴くと楽しかろう、と予想してたが予想以上。

「達郎さんは、1つだけ間違えました。
もう夏は終わる…って言ってたけど、

このアルバムがある限り
夏はまだまだ終わらないぜ!」
 
最初から最後まで、
ひたすら横ノリで踊ってました。

周りもみいいんな踊りまくって、
体は疲れてるけどずーっと笑顔。
終わらなければいい、と心から願った
真夜中のダンスパーティ。

でも、やっぱり終了の時は来る。
願い通り燃え尽きた我々、
テントに帰りそのまま気絶。
 
気がつけばもうしっかりと朝。
朝日を見ることはなかったけれど、
今年もいつも通り真に幸せな
2日間を過ごしたのでありました。
 
 
RSRって毎年、ちがう。
天候、ミュージシャン、観客…
その年のアクトは絶対にその年、その場でしか出逢えない。

けれど毎年ちがっていても、
最高に素敵で幸せな時間を過ごせることは変わらない。

自分が元気である限り、
そしてRSRがそこにある限り、
ずっとずっと参加し続けたいと願ってやみません。

どうかどうかRISING SUN ROCK FESTIVALが
ずうっとずううっと続きますよう、
祈りをこめてこの長いレポ、終了とさせて頂きます。
 
すっかり秋になったEZO地から、
あの暑かったRSRを想い出しつつ。 

|

« ライジングサン2010、ZAZEN BOYS、山下達郎。 | トップページ | ラーメン食べてきました。 »

ライジングサンレポ 思ひ出編。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157234/49748274

この記事へのトラックバック一覧です: ライジングサン2010ラスト、斉藤和義→SCOOBIE DO!:

« ライジングサン2010、ZAZEN BOYS、山下達郎。 | トップページ | ラーメン食べてきました。 »